自然発生性の慢性角膜上皮欠損(SCCED)

ウェルシュコーギーの7歳の男の子です。目のしょぼつきで近くの病院を受診していましたが、角膜の傷が2ヶ月間も治らないという主訴で来院されました。これまでは点眼薬のみで治療をしてきたようです。

来院時は右目から涙が垂れ、目をショボショボさせていました(写真)。

続きを読む