犬の頸部椎間板ヘルニア

頚椎の椎間板が突出して、脊髄を圧迫する病気です。症状の程度によりグレード分類されています。

グレード1の軽症例では抱き上げる時に鳴く、どこか分からないが痛がるなどの症状がみられます。痛みのレベルが強いと活動性が低下することもあります。

グレード2足のふらつきなど神経学的な異常がみられます。

グレード3起立困難四肢の麻痺など重度の神経学的異常がみられます。

写真のわんちゃんは前後の足が前に突っ張り、起立困難な状態です。

続きを読む

犬のレッグ・ペルテス病(大腿骨頭壊死症)

症例は8ヶ月齢のトイ・プードルの男の子です。3週間前から左後肢の跛行がみられ、他院を受診したが治らないとのことで来院されました。

レントゲン検査を行ったところ、写真のように左足の股関節に異常が認められました。

画像所見からレッグ・ペルテス病(大腿骨頭壊死症)と診断しました。

続きを読む

犬の膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼(いわゆるパテラ)はトイプードルやチワワ、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどのトイ犬種に多く見られる異常です。

症状は、スキップのような歩行や足の挙上がみられます。

成長期に膝の滑車溝という溝が発達しない事などの骨格的な問題や外傷により発症します。

 

写真のワンちゃんはスキップを時々繰り返していましたが、急に後ろ足を挙げたまま痛がるようになり当院を受診されました。

続きを読む

犬の椎間板ヘルニア

動画のわんちゃんは夜中に突然キャンと鳴き、それから動けなくなってしまい当院を受診されました。来院時は動画同様に後肢の麻痺がありました(動画はリハビリ時の様子)


続きを読む